YOwatari tumblr

Your awesome Tagline

658 リアクション

「昭和30年台をピークに殺人で殺される人の人数は5分の1以下になってるんです」
「バーチャルも現代社会も稀薄なコミュニティも、むしろ殺人を減らす効果があるんじゃないかと思うんですけど…..あくまでも統計的には」

と話すと、嫌な顔をされた。

これもいつものパターンだw

dqndoc1019さんはTwitterを使っています: “「昭和30年台をピークに殺人で殺される人の人数は5分の1以下になってるんです」 「バーチャルも現代社会も稀薄なコミュニティも、むしろ殺人を減らす効果があるんじゃないかと思うんですけど…..あくまでも統計的には」 と話すと、嫌な顔をされた。 これもいつものパターンだw” (via gkojax)

(元記事: windsock (deli-hell-meから))

355 リアクション

宮崎勤というシリアルキラーの部屋に初めて入り込んだ読売新聞の記者が、部屋内部の報道映像に民放スタッフの”演出”があったのをうっかり告白してしまったという事がありました。約9年前の話です。読売ウイークリー誌の編集部ブログに掲載されたこの告白記事は当然大炎上、すぐに削除されました。

格闘する読売ウイークリー編集部/「いったいどうなっているのか」
(読売ウイークリー、2005年11月12日)
http://yomiuriweekly1.hontsuna.net/article/1575835.html ※削除済

女子高生がタリウムを母親に飲ませたかと思えば、今日は同級生の女の子を殺した疑いで高1の男子が逮捕。いったい、どうなっているのでしょう。とても理解できません。

10年ほど社会部にいたので随分事件取材もやらされました。警視庁記者クラブでは、詐欺とか汚職などの知能犯を扱う捜査2課の担当だったせいで、その後もそんな事件ばかり取材しました。知能犯ですから、頭を使った犯罪なのですが、動機はほとんどが「お金」。その点では、大変わかりやすいのです。

理解不能と思った事件も、多くはありませんが、経験しました。忘れられないのは、平成元年の「宮崎勤事件」です。

幼女4人の連続誘拐殺人。オウム以前の、戦後最大の事件かもしれません。ビデオテープで埋まった宮崎勤の部屋の映像を覚えている方も多いと思います。実は、事件後あの部屋に初めて入ったのは私です。宮崎勤が逮捕されたという一報で、五日市町の彼の自宅に急行しました。なんと、まだ警察官も来ていなくて、3-4人の他社の記者が彼の両親を取り囲んで話していました。

そのうち、だれかが彼の部屋を見せてほしい、と言ったところ、彼の父親はどうぞ、どうぞ。母屋から彼の部屋には幅30センチほどの板が通路代わりに渡されていました。幅が狭いので一人ずつ渡ることになり、5,6人の記者でじゃんけん。で、私が一番になった、というわけです。

部屋に一歩入ったときのことは忘れられません。窓がなくて薄暗く、四方の壁面がすべてビデオテープで埋め尽くされていたのです。テレビとビデオデッキが3-4台あったと記憶しています。そんな部屋は見たことありません。まさに「理解不能」でした。

おそらく、あの部屋の映像を覚えておられる方は、あのビデオはみんな、アダルトとか盗撮とかロリータとかそんな類のものだと思っているのではないでしょうか。

実は違うのです。

大慌てで、ビデオのタイトルを写したのですが、ほとんどは「男どあほう甲子園」とか「ドカベン」といった、ごく普通のアニメばかりでした。その中に、おぞましい映像が入ったビデオも含まれていたのですが、少なくともそれはごく一部だったのです。

なぜ、そういうイメージが伝わってしまったか、については理由があります。

部屋の隅には、数十冊の雑誌の山がありました。どんな雑誌かももちろん確認しました。大半は、「GORO」「スコラ」です。20代の男性としては、ごくごく普通でしょう。

その中に「若奥様の生下着」という漫画が1冊ありました。ある民放のカメラクルーがそれを抜き取って、一番上に重ねて撮影したのです。それで、あの雑誌の山が全部、さらにビデオもほとんどがそういう類のものだという、誤ったイメージが流れてしまったのです。

ま、犯した犯罪からすれば、そのくらいは誤解されても仕方がないかもしれませんが、それでもやっぱり、事実とは違ったのです。高校生逮捕の夕刊を見て、そんなことを思い出しました。
(苦悶デスクこと・木村透

【宮崎勤事件】読売新聞記者による“真相”告白 - 漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題まとめ (via gkojax)

(元記事: yukiminagawa (toshi0104から))

81 リアクション

iMac発売時「フロッピーのないパソコンなんて絶対売れない」
iPod発売時「ニッチすぎて絶対売れない」
iPhone発売時「電話しにくいし、お財布ケータイ使えないから絶対売れない」
iPad発表時「これも絶対売れない」
はてなブックマーク - まだiPadは失敗作だとつぶやいてるあなたへ… その予想は甘い! : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ (via ta2o) (via motomocomo)

3,784 リアクション

犬がいなくなってから12日間、森で探し続けた。

もうそれ以上探しても無駄だとあきらめたとき、二人の猟師に出会った。

彼らは仕事で犬を時々見失うがいつも見つかるという。

彼らに教えてもらった方法のおかげで犬を見つけることができた。


01



飼い主が少なくとも一日着ていた服を犬を最後に見たところへ持って行き置いておく。

もし、犬の好きなおもちゃがあれば、それも置いておく。

他の人に片付けられないようにノートを残すといい。

水の入った容器も置いておく。

餌を置いておくと違う動物が寄ってくるから餌はダメ。

次の日チェックに行く。

私はこの方法聞いたけどあまり信じなかった。

だって12日間犬を呼んでいて聞こえていないのに、服を見つけるわけがないと思ってた。

でも次の日に行ってみたら犬がいた!

この話は犬をなくした人に役立つといいですね!

ロシアの猟師から学ぶ逃げた犬の見つけ方 : おそロシ庵 (via pinball-1973)

(mahboから)

986 リアクション

アメリカ人の知人に「なんで日本人ってなんでも少女化するの?」と聞かれたので「なんでアメリカ人てなんでもゾンビ化するの?」と返した結果、この件に関してはお互い不幸になるだけなので止めようという結論になった。
Twitter / kuma_neko_ (via mug-g)

(sukekyoから)

1,002 リアクション

正直に言おう。もはや、高偏差値大学で、やる気のある若者は既存のシステムに飽きているのだ。そんなものよりもずっと面白くて、難問が世界中に転がっている、そしてそれらが可視化されているのだ。このような状況下にあって、なぜ、日本にいて、「家電」を作りたいと思う?「銀行」で営業をやりたいと思う?誤解を恐れずに言う。そういう仕事にもはや私たちは「燃えない」のだ。モチベートされないのだ。

これが正直な私の気分であるし、多かれ少なかれ私の友人達もそうなのだ。

もし、いま松下幸之助が生きていたらなにをするだろうか?

わたしは今日そんなことを考えていた、おそらくは、世界じゅうにある「問題」解決に励むだろう。

決して家電を作り続けることを選ぶとは思えない。

お気軽な人事 (via otsune)

(ma-saiから)